日本人のお金・投資に対する価値観は時代遅れ?

日本人のお金の考え方は汚い?

こんにちは、ダーフクです。  

「日本人は投資が下手。貯金(預金)が美徳。」このような話をよく聞いたりしますよね。なぜ日本人はこのように言われるのでしょうか。上手にお金と付き合い、資産を増やしていくためには日本人である私達はどのように考え・行動していけばいいのでしょうか。

今回は、これらについて一緒に考えていきましょう。

日本人のお金に対する価値観

楽してお金をたくさん稼ぐことは悪いこと

私達日本人は、「楽して大金を得た人は悪い人である。」と考える風潮にありますよね。

なぜこのように考えるようになったのか。 様々な理由がありますが、1つは「自分で汗水たらして働いてお金は得るものだ」という日本人の美徳があるためだと思います。 しかし、楽して稼いだ = 効率的に自分の時間を節約して稼いだということなので、これはその人の才能と努力と運の良さがもたらしたものですよね。(運だけで大金を得た人も稀にいますが。)

また、お金を持っていたとしても、他の人に対して悪影響を及ぼすわけではないです。 海外の富豪などは、自分たちのお金を寄付に回したりして、きちんとお金が循環するように考えている人も多いです。

投資よりも貯金・預金が大事

日本人は、お金を増やすためには銀行の定期預金を使ったり、貯蓄性のある保険に入ることで堅実に増やすことがはじめに浮かんできますよね。特に投資について分からない人は。

各国の資産のバランス比率の比較
国別金融資産グラフ(2018年度版)

上の図は、2018年のアメリカ・イギリス・日本の金融資産のグラフです。 この図より、日本人の金融資産のグラフでは、50%が現金・預金となっています。金融教育が進んでいるイギリスやアメリカでは、その割合が10%〜20%と、分散して投資をしていることがわかります。  

かくいう私も少し前までは、お金を増やすことを考えたときに、最初に思いつくのは預金・保険でした。 しかし、銀行預金・貯蓄性のある保険について調べ金利の低さを知ったときに、このままでは効率的に増やせないのではという思いが自分の中で大きくなっていき、他に良い投資商品を探すようになりました。

その一方、一攫千金を狙うギャンブラー的な性質

お金は堅実に増やすべきだと考える一方で、日本人は宝くじや短期トレードの株・FXなど、一攫千金を狙った投資も好きです。宝くじで言えば、「夢を買う」というやつですね。私の母親も毎年1万円分の宝くじを年末ジャンボで買って、当たらないかなーと楽しみにしていました。全く当選していませんでしたが。わら

  • 宝くじ:46%
  • 競艇・競輪:50%
  • 競馬:74%
  • サッカーくじ:50%

上記リストのように、宝くじは還元率が46%前後なので、購入すると合計額の46%のみ当選金として購入者に分配されます。、他のギャンブルも同様に低いですね。

また、宝くじの1等に当たる確率は、2000万分の1とかなり低いです。東京都の平成27年の人口が約1300万人、埼玉県の平成27年の人口が約700万人なので、この2都道府県に住んでいる全ての人が宝くじを1枚ずつ買って、一人当たる確率です。

株・FXも短期トレードのイメージが強い

投資について詳しくない人は、株やFXが怖いものだと思う方が多いと思いますが、これは上記の短期トレードの投資方法のイメージがついてしまっているためだと思います。

ですが株もFXも長期的に投資をする前提で考えれば、きちんとした知識を持てば、年利10%前後の利率で低リスクで運用していくことが可能です。 この情報を如何に早く得ることができるかが、投資を考える上で大切なことです。

昔はネットワーク環境が整っていなかったため、このような情報を得ることはなかなか難しかったと思います。しかし、現代では、一人1台PC あるいは スマートフォンを持っているため、誰でも簡単に情報を得ることができます。

私達は今後お金・投資をどのように考えていけば良いか

投資とはどういう種類があるのか、そして各投資方法のリスクとリターンがどれくらいかを大まかに情報収集し、できるだけ早い時期に予備知識をつけます。

その中で、低リスクで投資初心者に向いている投資を少額で試してみます。

様々な種類があるので、分散させて試してみて、自分に合った投資を探すのもいいと思います。

投資は短期トレードになったほうがリターンは大きいですが、リスクも大きくなってしまうため、長期運用をメインで考えたほうが良いです。長期運用でも、複利の効果を使えば最初は少額でも、10年、20年と長く投資し続けることで、最後は大きい額になって返ってきます。

例えば、初心者が試してみる価値がある投資は、以下のようなものです。

  1. 積立NISA
  2. iDeco
  3. 自動売買FX
  4. ロボアドバイザー
  5. スワップポイントによるサヤ取り
  6. 株価指数CFD

積立NISAやiDecoは利益が出ても非課税なので、全額を自分の儲けにすることができます。

自動売買FXは、各FX会社が様々なものを出しています。色々と試してみて、自分のスタイルに合ったものを使っていくといいと思います。

ロボアドバイザーは、自動で様々な金融資産に分散投資をすることができます。長期運用を目的にしているので、積立で少額ずつ投資していく形でも問題ありません。

まとめ

以上、日本人のお金、特に投資に対する価値観を簡単に記事にしました。

これからは如何に正しい情報をインターネットから収集し、実践し、自分の経験にしていくかが重要であると思います。

そのためには、過去の価値観にとらわれず、常に知識をアップデートしていく必要があります。

まずは勉強、様々なものに興味を持ち、学んでいきましょう。